仲代 達矢
なかだい・たつや
経 歴:
1932年12月13日 東京都生まれ。
父は茨城県の農家出身のバス運転手、母親は五反田小町と呼ばれた薬局の看板娘といわれた。
小学校は青山の青南小学校に通うも、一家は極貧状態で弁当のおかずもなく、母親は教師から「ここはあなた方のような貧乏人が来る学校ではないとののしられた」という。小学校2年生の時に父親が死亡、千葉県津田沼から東京都世田谷区瀬田に移る。
戦後は、親戚や弟と共にボン菓子屋、中華そば製麺所を起こし、小学校の用務員なども勤めながら青南小学校卒業後、北豊島工業学校、東京重機学校などを経て、学制改革ののち、東京都立千歳高等学校(現・東京都立芦花高等学校)定時制卒業。愛称の「モヤ」は、仲代の本名・元久(もとひさ)のrモ」と、「ねえや」rぱあや」の「ヤ」をかけあわせて母親が呼び始めたものである。激しい役を演じている映画でも、カメラが回っていないときは温和でぽんやりしていることの多い仲代にうってつけの語感を持つことから、長じても多くの人にこの綽名で呼ばれ続けている。

高校卒業後、定職に就けず、大井競馬場で鑑札を持たない違法な予想屋を取り締まる警備員をしたり、学歴不問ということでボクシングの三回戦ボーイの職にありつくなどしながら、映画館・芝居見物に通う。
そんな日々の中、俳優座公演を観劇した際、千田是也の演技に感銘を受け、1952年(昭和27年)、俳優座養成所に第4期生として入所。同期生には佐藤慶、佐藤允、中谷一郎、宇津井健らがおり、仲代はバーで働きながら役者修行に励んだ。

養成所時代に、黒澤明監督『七人の侍』(1954年)で、セリフなしの浪人役をつとめて映画デビュー。養成所から派遣されただけの、エキストラと大差ない数秒間の出演で、本来は出演作にカウントすぺきものではないが、この出演で時代劇の歩き方が、腰の定まらない歩き方が不満の黒澤監督に何度も歩かされ、ワンカットに半日がかりの撮影となってしまう。これで仲代は「映画は嫌いだ」と思ったという。ところがこの強烈な思い出と(黒澤の方はすぐ忘れてしまったらしい)、作品自体が歴史的名作となったことから、これが映画俳優・仲代のスタートとしてしばしば引き合いに出されることとなった。

1955年(昭和30年)、養成所を卒業(前年既に初舞台)、俳優座に入団した。芸名のr達矢」は射手座生まれに因んでr的に達する矢のごとく」と異母姉が命名した。
同年秋の公演『幽霊』で抜擢されて好演、新進舞台俳優として知られるようになる。この『幽霊』を見た女優の月丘夢路の推薦で、月丘の夫・井上梅次監督から依頼が舞い込み、同監督の映画『火の鳥』(1956年、日活)で月丘の相手役という大役をつとめ、映画界でも本格デビューを果たす。翌年には小林正樹監督の映画『黒い河』(1957年、松竹)における冷酷なヤクザ・通称人斬りジョーの演技でも存在感を示す。

1957年(昭和32年)、俳優座所属の女優・宮崎恭子と結婚。

1959年(昭和34年)、小林正樹監督による六部(上映は19611年まで)に及ぶ超大作(総上映時間、約10時間)『人間の條件』で主人公・梶に起用される。撮影が1年半に及んだこの作品で、仲代は監督も感服する演技を見せた。同年には犯罪者に扮した『野獣死すべし』も公開。当時、映画会社数社から専属契約を打珍されるが断っている。
黒澤明監督にも注目され、黒澤映画の常連主演スター・三船敏郎に対抗できる敵役俳優として、『用心棒』(1961年、東宝)への出演依頼を受ける。
『七人の侍』出演時に黒澤監督に散々NGを出された記憶から、当初仲代は出演を固辞したが、結局出演し、洒落者だが残忍なヤクザを演じる。翌年の黒澤作品『椿三十郎』(東宝)でも続けて起用され、今度は剛直な武士を演じ、仲代の風格と演技力を買った監督の期待に応えた。1963年(昭和38年)には黒澤作品『天国と地獄』(東宝)で誘拐事件の捜査を指揮する警部役を演じ、犯人との相似すら感じさせる異常な執念に個性を発揮した。

他の監督の映画では市川崑監督の『鍵』(1959年)、成瀬巳喜男監督の『娘・妻・母』(1960年)、『女が階段を上る時』(1960年)、小林正樹監督の『切腹』(1962年)、『怪談』(1964年)、『上意討ち 拝領妻始末』(1967年)、豊田四郎監督の『憂愁平野』(1963年)、『四谷怪談』(1965年)、岡本喜八監督の『大菩薩峠』(1966年)、『殺人狂時代』(1967年)など、映画会社に縛られない身で名監督たちとの仕事が続く。
1968年(昭和43年)にはイタリア映画『野獣暁に死す』に出演、アジア系ではなくメキシコ・インディアンの血を引くという設定のアメリカ人の悪役であった。

1970年代には山崎豊子原作・山本薩夫監督による政財界もの映画『華麗なる−族』(1974年)で準主役、『不毛地帯』(1976年)では主役を演じた。山本監督はこの間、石川達三原作の『金環蝕』(1975年)でも仲代を主演に起用、冷酷な官房長官役を演じさせている。

映画会社と一切専属契約は結ばなかったが、岡本、市川、黒澤、成瀬ら東宝系の監督に多く起用されたこともあり、結果的には東宝映画への出演が飛び抜けて多い。会社別を基本として編集されたグラビア叢書セット「戦後日本映画黄金時代」(日本ブックライブラリー1978)では「東宝の主役」の巻に収録されている。映画会社専属俳優ではないため、宣伝攻勢をかけてくれる映画会社やプロダクションが存在しなかったこともあり、仲代はトップスターと目されながらも、他の大スターのような熱狂的な人気の盛り上がりには欠けた。そのため仲代の名前に頼って観客動員を図る映画はごく少なかったが、逆に企画優先、作家性優先の映画に多く出演することが可能となり(東宝への出演が多いのも、同社がスターシステムヘの依存度が低いことと無縁ではない)、結果的に出演歴を多くの名作で飾ることに繋がった。

一方、長らく空白だったテレビドラマにおいても、1972年(昭和47年)のNHK大河ドラマ『新・平家物語』で平 清盛を演じ、清盛が出家する後半では実際に剃髪して熱演している。また、『雲霧仁左衛門』のようなダークヒーローは得意役だが、一方で『用心棒』のような、主役ヒーローに敵対し、特に心を通わせたり内面が描かれたりすることなく倒されていく完全な悪役も好んで演じ、こうした敵役を二枚目役やヒ−ロー役と並行して演じ続けた俳優は非常に珍しい。

俳優座の看板俳優だった1975年(昭和50年)に、恭子夫人と共に「無名塾」を創立、後進の養成を開始。
1979年(昭和54年)には俳優座を退団。以後は無名塾公演で、脚本・演出を妻に任せ、自分が出演する形で舞台活動を継続してきた.

映画では、1980年(昭和55年)の黒澤 明監督の大作『影武者』で、監督との確執で降板した勝新太郎の代役として、急遽主役に抜擢される。結果、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した。

同年には舛田利雄監督の戦争巨編『二百三高地』にも主演、人情味をたたえた乃木希典司令官を演じている。さらに、1982年(昭和57年)には五社英雄監督『鬼龍院花子の生涯』で、倣岸で気性の激しい土佐の鬼政こと鬼龍院政五郎を熱演し、全くタイブの異なる役柄を演じ分けた。

1985年(昭和60年)の黒澤作品『乱』でも主演し、「戦国版リア王」として悲劇への道を辿る秀虎役を演じた。翌年の『熱海殺人事件』では一転して狂壌的なドタバタ喜劇に出演、それでもなお重厚さのにじみ出る演技を見せた。なお、舞台での代表作を自ら脚色した「つかこうへい」は、主役・木村伝兵衛の名を「仲代の名を支えきれない」と二階堂伝兵衛に変えてしまった。

時代劇、現代劇を問わず演じられる俳優として、テレビドラマでは、大石内蔵助を演じた『忠臣蔵』(1991年)、中国残留孤児となった子を探し続ける父親を演じた『大地の子』(1995年)、千利休を演じた『秀吉』
1996年)などで近年も活躍している。

1983年に公開されたアニメーション映画『宇宙戦艦ヤマト完結編』ではナレーションを務めた。

俳優座時代、また無名塾公演でも多くのシェイクスピア作品に主演、日本を代表するシャイクスピア俳優でもある。

海外での受賞歴は、シシリア・タオルミナ映画祭賞(1971年)、カンヌ国際映画祭グランプリ(1980年)、マニラ映画祭主演男優賞(1982年)、フランス文化賞シュヴァリ工芸術勲賞(1992年)など。

2010年(平成22年)、久々の主演映画『春との旅』が公開された。黒澤明生誕100年にあたり、『文藝春秋』7月号で、香川京子と対談した。

恭子夫人とは、1955年(昭和30年)に舞台『森は生きている』の共演で急接近し、1957年(昭和32年)に結婚。その後、家庭と無名塾の公私両面を二人三脚で乗り切る。夫人が1962年(昭和37年)に死産してから夫婦に子がなかったため、夫人の妹宮崎総子(アナウンサー)の娘・奈緒を養女に迎えている(総子は奈緒の実父と離婚している)。奈緒は仲代奈緒の名で歌手になった。1966年(平成8年)、長年連れ添つた恭子夫人を癌で失う。

自叙伝『遺し書き』では、テレビ東京のドキュメンタリー番組『ネシアの旅人』で太平洋全域の島を訪れ、生きることの意味を再発見して仕事に復帰したという。

脚本家で演出家だった夫人没後、無名塾公演は演出家を招くか、時には仲代自身が演出を兼ねる形で続いている。

弟はシャンソン歌手の仲代圭吾。

    出典:フリー百科事典【ウイキペデイア】(Wikipedia)の参考による。


             仲代達矢 出演作品:


 
映画 
  1954年 七人の侍
  1956年 火の鳥
  1956〜1961年 サザエさんシリーズ・ノリスケ役
  1957〜1958年 大番シリーズ 新どん役
  1957年 黒い河
  1958年 炎上 戸刈役
  1958年 裸の太陽
         ベルリン国際映画祭青少年向映画賞
           (西ベルリン参事会賞)受賞作品
  1959年 鍵
         カンヌ国際映画祭審査員賞
         ゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞作品
  1959年〜1961年 人間の條件
         「第一部」〜 「第六部」
         ヴェネツイア国際映画祭サン・ジョルジョ賞
         イタリア批評家賞受賞作品
  1959年 野獣死すぺし 伊達邦彦役
  1959年 銀座のお姐ちゃん
  1960年 女が階段を上る時
  1960年 みな殺しの歌より 拳銃よさらば!
  1960年 娘・妻・母
  1961年 永遠の人
  1961年 からみ合い
  1961年 雲がちぎれる時
  1961年 妻として女として
  1961年 用心棒
         ヴェネツイア国際映画祭主演男優賞
         アカデミー賞衣装デザイン賞ノミネート          1962年 お吟さま      
  1962年 椿三十郎 室戸半兵衛役
  1962年 切腹
         カンヌ国際映画際審査員特別賞受賞作品
  1963年 天国と地獄 戸倉警部役
  1963年 白と黒  浜野一郎役
  1963年 五十万人の遺産
  1963年 女の歴史
  1964年 怪談
         カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞
         アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品
  1965年 東海道四谷怪談 伊右衛門役
  1965年 最後の審判
  1965年 血と砂
  1965年 股旅 三人やくざ
  1965年 四谷怪談
  1966年 大菩薩峠 机竜之助役
  1966年 他人の顔
  1967年 殺人狂時代 桔梗信治役
  1967年 上意討ち 拝領妻始末
         ヴェネツイア国際映画祭国際映画批評家
           連盟賞受賞作品
  1967年 旅路
  1967年 日本のいちばん長い日 ナレーター
  1967年 佐々木小次郎
  1968年 斬る
  1968年 肉弾 ナレーター
  1968年 連合艦隊司令長官 山本五十六 ナレーター
  1968年 野獣暁に死す (イタリア映画)
  1969年 栄光への5000キロ
  1969年 御用金
  1969年 人斬り
  1969年 日本海大海戦 明石元二郎役
  1969年 地獄変
  1969年 天狗党
  1970年 蝦夷館の決闘
  1970年 座頭市あばれ火祭り
  1970年 幕末
  1970年 無頼漢
  1971年 出所祝い
  1971年 いのちぼうにふろう
  1971年 激動の昭和史沖縄決戦 八原高級参謀役
  1973年 人間革命 日蓮役
  1973年 哀しみのベラドンナ 悪魔
  1973年 朝焼けの詩
  1974年 華麓なる一族 万俵鉄平役
  1975年 青春の門 伊吹重蔵役
  1975年 吾輩は猫である 珍野苦沙弥役
  1975年 金環蝕 星野康雄役
  1975年 モ喊 土方歳三役
  1976年 続・人間革命
  1976年 挽歌
  1976年 不毛地帯 壱岐 正役
  1977年 姿 三四郎
  1978年 女王蜂
  1978年 雲霧仁左衛門 雲霧仁左衛門役
  1978年 火の鳥 ニニギ役
  1978年 ブルークリスマス
  1979年 闇の狩人
  1980年 影武者
         カンヌ国際映画祭グランプリ、
         アカデミー賞美術賞・外国語映画賞ノミネート、
         セザール賞外国話映画賞、
         英国アカデミー賞監督賞受賞作品
                     影武者、武田信玄役
  1980年 二百三高地 乃木希典役
  1981年 日本の熱い日々( 謀殺・下山事件)
  1982年 鬼龍院花子の生涯
  1983年 宇宙戦艦ヤマト完結編 ナレーター
  1984年 北の蛍
  1985年 乱
         アカデミー賞衣裳デザイン賞
            (ワダ・エミ)受賞作品  ー文字秀虎役
  1985年 食卓のない家
  1986年 道
  1986年 熱海殺人事件 二階堂伝兵衛役
  1987年 ハチ公物語
  1987年 トリナクリアPORSCH959
  1988年 優駿 ORACION 和具平八郎役
  1988年 アナザー・ウェイー D機関情報
  1989年 戦場にかける橋2 イギリス映画 原田少佐役
  1989年 226 参謀本部次長・杉山元役
  1991年 フィレンツェの風に抱かれて 坂埼役
  1991年 陽炎
  1992年 豪姫 古田織部役
  1992年 遠き落日 小林栄役
  1992年 妖獣都市 香港魔界編(香港映画)
  1993年 子連れ狼 その小さき手に 柳生烈堂役
  1993年 月光の夏 風間森介役
  1994年 欽ちやんのシネマジャック「蛍の光」
  1995年 EAST MEETS WEST 勝麟太郎役
  1996年 宮澤賢治〜その愛〜 宮澤静次郎役
  1999年 金融腐食列島 呪縛 佐々木英明役
  2000年 雨あがる
  2001年 助太刀足助六
  2002年 白い犬とワルツを
  2002年 陽はまた昇る 松下幸之助役
  2003年 阿修羅のごとく
  2005年 男たちの大和/YAMATO
             老後の神尾元特別年少兵役
  2006年 犬神家の一族 犬紳佐兵衛役
  2009年 引き出しの中のラブレター 速見恭三役
  2010年 春との旅 忠男役
  2010年 座頭市 THE LAST 天道役

テレビドラマ

  1958年 忠直卿行状記 (日本テレビ)
  1964年 仲代達矢アワー 加賀壊動 (フジテレビ)
  1965年 仲代達矢アワー 荒野の素浪人(、フジテレビ)
  1967年 ゴメスの名はゴメス (フジテレビ)
  1967年 沓掛時次郎 (フジテレビ)
  1972年 新・平家物語(NHK大河ドラマト平清盛役)
  1975年 木曜スペシャル『太平洋戦争秘話
         「緊急暗号電、祖国ヨ和平セヨ」
                  欧州から愛をこめて』
        (日本テレビ、テレビ大賞優秀番組賞受賞作品)
  1977年 海は甦る (TBS、テレビ大賞優秀番組賞、
        エランドール賞特別賞受賞作品)山本権兵衛役
  1977年 砂の器 (フジテレビ 今西栄太郎役)
  1981年 着ながし奉行 悪徳の巣にいどむ一匹侍
              (フジテレビ)  望月小平太役
  1982年 丹下左膳 剣風!百万両の壷(フジテレビ)                      丹下左馬介役
  1982年 地獄の掟 闇の犯罪をめぐる影の証言
                          (フジテレビ)
  1983年 影狩り (フジテレビ)
  1983年 樅ノ木は残った (フジテレビ)
  1987年 太閤記 (TBS) 語り
  1988年 飢餓海峡 (フジテレビ)
          放送文化基金賞受賞作品 弓坂刑事役
  1989年 友よ静かに瞑れ (フジテレビ)
  1990年 ビジネスマンの父より息子への30通の手紙
                           (NHK)
  1990年 荒木又右衛門 決闘・鍵屋の辻 
               (NHK) 荒木又右衝門役 
  1991年 忠臣蔵 風の巻・雲の巻
               (フジテレビ) 大石内蔵助役
  1992年 風車の浜吉捕物綴(フジテレビ)根津の浜吉役
  1993年 清左衛門残日録(NHK)三屋清左衛門役
  1993年 五粒の真珠(毎日放送) 御木本幸吉役
  1993年 静かなる熱狂 イサム・ノグチと女優
             (札幌テレビ) イサム・ノグチ役
  1995年 大地の子(NHK) 
         モンテカルロ・テレビ祭最優秀作品賞
         文化庁芸術作品賞受賞作品
  1996年 秀吉(NHK大河ドラマ) 千利休役
  1997年 松本清張スペシャル・霧の旗
                (フジテレビ) 大塚欽三役
  1997年 鏡は眠らない(NHK) 大島恭一郎役
  1998年 宮之原警部こころの事件簿 
            京都高瀬川殺人事件 (フジテレビ)
  2000年 袖振り合うも(NHK 文化庁芸術祭優秀賞                 日本テレビ技術賞(録音)受賞作品
  2001年 嘱託刑事 小山田昭平(テレビ東京)
                  小山田昭平役
  2002年 春が来た(NHK) 太郎兵衛(甘利長門)役
  2004年 世界の中心で、愛をさけぶ(TBS)松本謙太郎役
  2005年 大化改新(NHK) 南淵請安役
  2005年 星に願いを〜七畳間で生まれた410万の星〜
                 (フジテレビ) 若宮崇令役
  2006年 新・人間交差点(NHK) 寺島由次役
  2007年 風林火山(NHK大河ドラマ) 武田信虎役
  2007年 遠い国から来た男 (TBS)
  
        七人の侍 
   
       炎上
       
人間の條件

用心棒 

椿三十郎
      

      切腹     

      天国と地獄

怪談
     

座頭市あばれ火祭り

  影武者




清左衛門残日録